頭おかしぃ上京事情

むしろ自分から東京で消耗しに行ってるんだが!?

【人柱】Zenfone 4 Max(ZC520KL)をAndroid 8.1(Oreo)にアップデートした話

ウチが今メインで使ってるスマホがZenfone 4 Maxなんスけど、先月公式サポートページみてたらOreoことAndroid 8.1のファームウェアが配信されてたんですよ。WW版の。

まぁウチの持ってるやつはJP版なんで、当然本来インストールできないわけで、「じゃぁJP版出るまで待つか」って感じで日々過ごしておりました。

んで、5chの専スレ見てたら何かJP版にインストール出来るらしくて実際にやっちまった勇者みたいな方もおりました。

で、俺もやっちまいました。メイン機なのに。

というわけでここから先に方法書いていきますが、真似するとメーカー保証が亡くなったり文鎮が生成されたりするかもしれませんが自己責任にてよろしく。

続きを読む

俺氏ついに自作PCに挑む

いやね、

PC自作してえなぁとずっと想いながら想いのあまり発狂しそうになる一方で作った後にそれ何に使うの?的な自問自答を繰り返して一人勝手に発狂してたら早数年が経過していたことでお馴染みの僕ですが

先日友人がPC欲しいわぁといった旨の発言をしたので「どうせならウチが自作したマシン使ってくんね?」って提案したら承諾してくれたのでようやく実行に移せる時が来たのでした。

これまで自作をしたことが無い僕が自作に挑んだ結果どうなってしまったのか、以下その顛末を綴る次第である。

 

1.パーツ選定

予算10万以下、ITXケースで組むという条件の下、朝っぱらから秋葉の街を駆け巡り僕の勘とフィーリングに任せて適格かつ適当に揃えたのが以下

f:id:atama_0kac:20181101193038j:plain

【パーツ一覧】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Ryzen 3 2200G(3.5-3.7GHz、4コア、L3キャッシュ4MB、TDP65W)
FAN:↑リテール
M/B:AMD B450チップセット(GIBABYTE B450 I AORUS PRO WIFI
RAM:16GB(DDR4-2666 8GB x2 ADATA AD4U266638G19-2)
VGA:Geforce GTX1050Ti (ASUS PH-GTX1050TI-4G)
SSD1:250GB(NVMe、WD Black NVMe WDS250G2X0C)
SSD2:500GB(SATA3、WD Blue 3D NAND SATA WDS500G2B0A)
PSU:450W (SFX、SilverStone ST45SF-G)
Cha:ITXキューブ(Raijintek Metis Plus)
ChaFAN:Akasa AK-FN098 (Vegas R7 RGBリングLEDファン 120mm)

特価品やら値引きやら色々あったんですけどまぁ結局全部で11万くらいになって予算を超えてしまったわけだが選んでるうちに色々目移りしてスペックや費用が上方修正してしまうのはよくあることなのでしゃーないってことで。

ちなみに友人の使途はiTunesが動いて軽くネットや動画が見られれば良いとの事。どう見てもオー(ry

 

2.組み立て

ぱぱぱっと組みます。

f:id:atama_0kac:20181101193101j:plain

Ryzen様の御姿。ヒートスプレッダに刻まれたRyzenの文字は神々しさすら感じられる

マザーにCPU、クーラーをセットしメモリを付け・・・

f:id:atama_0kac:20181101193234j:plain

られない。クーラーの向きは変えられないので(逆向きに付けると今度はVRMヒートシンクに当たる)ファン周りのカバーを外したら

f:id:atama_0kac:20181101193325j:plain

何とかメモリ刺さりましたとさ

この時点でマザーにいったん電源とキーボードとディスプレイを繋ぎ動作確認。正直この瞬間が一番緊張した

f:id:atama_0kac:20181101193514j:plain

BIOS表示されて無事おk牧場と。

f:id:atama_0kac:20181101193816j:plain

SSDをセット

f:id:atama_0kac:20181101193858j:plain

ケースにマザー・電源を組み込んで配線。ケース内狭くてくっそやりづらい。この作業で1時間かかったと思う

f:id:atama_0kac:20181101194109j:plain

みんな大好きGTX1050Tiさん。彼をセットしたら

f:id:atama_0kac:20181101194239j:plain

f:id:atama_0kac:20181101194710j:plain

完成!!!!!

開封からここまで2時間44分経過。お疲れ俺って感じっスね

そんでもってOSをセットアップ。USBメモリみたいな物体を刺してそっから起動してポチポチ進めてインストール

f:id:atama_0kac:20181101194905j:plain

完了

f:id:atama_0kac:20181101194958j:plain

f:id:atama_0kac:20181101195312j:plain

七色に光る姿美しい。ケーブルがごちゃついてるのでどうにかしたい。

 

3.総括

やってみると意外と簡単でしたね。ただケースがITXのキューブっちゅーことで作業し辛く、初心者はミドルタワーかせめてミニタワーで組んだほうが良いなと思いました。

今後はCPUとかグラボ換えたり水冷導入してみたりしたいなぁと、夢が膨らみまくりんぐだなぁって想いです。

以上

 

STAX ポータブルドライバ試作品「SRM-D10」を試聴しました

ブログ更新の本日は4月1日っちゅーことで世間ではエイプリルフールなわけで大企業の公式サイトから個人ブログまで如何にして凝ったウソネタをお見舞いしてやろうと披露されておりますが、当ブログはぶっちゃけ毎日エイプリルフールみたいなもんなので特にそーゆーネタはしなくても良いか的な感じで参りたい次第。

さて、いつものようにお家でだらだらとツイッターを見てたらこんなツイートを発見

 にわかSTAX信者の僕としましてはこれはもう是が非でも行っておくべきだと思ったし、マイイヤスピ持参も大歓迎!とのことで

f:id:atama_0kac:20180401082238j:plain

僕の魂の愛機SR-L500を持ってきました!正直フツーのヘッドホンみたく肩に掛けて移動しても良かったんスけど俺の鋼のメンタルをもってしても周りの視線に耐えられる気がしなかったので止めました。

STAXを知らない人「なにあの人、なんか変なヘッドホン首にかけてるwwwキモイwww」

STAXを知ってる人「なんであいつドライバー無いのにイヤスピ首にかけてんだwwwウケルwww」

まぁSTAXのイヤスピはほとんどが室内で使う用ですしね。ドライバーも無いのに外に持ち出す方が頭おかしぃとしか思えないわけで、そんな概念が今開発中のポータブルドライバーが登場することで覆るかもしれない!皆が各々お気に入りのイヤスピを身に着けて街を闊歩する未来がやってくるかもしれない!

などと妄想しながらそんなこんなでフジヤエービックPart3に向かい、早速ポータブルドライバーの試作品を拝見。

f:id:atama_0kac:20180401084118j:plain

f:id:atama_0kac:20180401090127j:plain

実物見ると意外とコンパクト。ケース付けたiPhone SEを重ねると丁度良いくらいに重なった。筐体の触れる部分の殆どが金属パーツで構成されており手に持った感じひんやりかつズッシリしており質感はチリバツにグッドだと思った。さすがに450gはちと重いけれども。。

全面は電源スイッチ兼ボリュームのみ。背面はアナログ入力とUSBデジタル入力および両者の切り替えスイッチ、それと給電・充電用のDC入力。

筐体内にバッテリー内蔵でフル充電で3~5時間駆動出来るそうな。

早速試聴用に繋がれていたSR-003mk2で聴かせてもらい感想をば。iPhoneはCCKを介しデジタル接続。

  • 全音域バランス良く鳴っている
  • 低音不足は感じられなかった
  • 繊細さよりもパワフルな印象
  • 音量ツマミはもちろんガリノイズ・ギャングエラー無し

さっくり書き出すとこんな感じ。ぶっちゃけ003mk2を聴いたのは初めてでありあの小さな筐体でもちゃんとSTAXしているのは驚愕でありやっぱSTAXさんすげぇなぁって思った。

ここで我が手持ちのSR-L500を投入。

f:id:atama_0kac:20180401091313j:plain

5ピンプラグ挿し替えた時に思ったのがちょっと抜き挿しが固いかなと。据え置き用でもその固さには少し気にはなっていたけれども、ポータブルだとドライバ重量が軽い分より挿抜に力を入れないといけないと感じた。

確かにケーブルが重いのでそれを支えるのにガッチリ接続できる方が良いのかもしれないけれども、外でポタアン・家で据え置きと頻繁に付け替える事を考えると後もうほんの少しだけ緩くしても良いんじゃないかなぁと思った。

('18 7/7追記)

製品版で改善を確認しました。プラグの挿抜がし易くなっておりました。さすがです。

 

SR-L500を使用しての音質の感想をば。筆者が普段使用してるドライバーはSRM-353Xなのでそれとの比較になります。

  • 低音が強く出ていると感じた
  • 全体的に音に雑味があるように思えた
  • 艶やかさは353Xの方が上

ちなみにアナログ入力でも試してみました。

f:id:atama_0kac:20180401092742j:plain

DENON DA-10のライン出しで接続。その結果低音強いのが収まった。雑味の少なさや艶やかさはあまり変わらず。このことから低音強いのはきっとDAC側の味付けであると言えよう。まさに音的にもポータブル向けって感じだ。

まぁそんなこんなで一通り聴き終えて、STAXの営業さん(?)に製品についてお話を伺いました。以下さっくり概略。

僕「SRM-D10の発売日はいつになりますか?」

STAXの営業さん(以下S)「これがいつになるか決まってないんです」

僕「ポタアン出すってことは今後ポタ向けのイヤスピを出す予定は?」

S「無いですね。ただSRS-002・SR-003mk2を密閉型にするアタッチメントを開発中です」

僕「SRM-D10、中国製って書いてあるんですけどSTAXさんはどういう風に開発をされてきたんでしょうか?」

S「我々はポタ向けのDACを作ったことがなくて、親会社がそういう技術のある工場を持っていったんでそこで試作したものを当社でチェックして変更要望を出し、また試作してもらったものをチェックして…の繰り返しで開発を進めました」

僕「SRM-D10の販売価格いくらくらいになりますか?」

S「そこら辺も決まってなくてですね…反対にいくらくらいになると思います?」

僕「78,000円(税別)!と最初思ってたんスけど実物見たら思いの外質感良かったんでこれなら98,000円(税別)でも良いかと(笑)」

S「参考にさせていただきます(笑)」

といった具合に話が盛り上がってしまい、他の製品から会社のことまで色々話をして頂きました。その結果、試聴よりもお話のほうが長くなるという有様で、長々とお付き合いして下さり感謝。

おかげでSTAXという会社がますます好きになったし本社試聴室にも行きたくなったし近い内に行ってみようかと思います。

この記事を読んでる皆ももし近所の電器屋でイヤースピーカーを見かけたら見た目や値段でドン引きせずに一度手に取ってその音色聴いてみて欲しい!きっと惚れること請け合いである、って感じで布教で締めたいと思う。

STAX | Electro Static Audio Products(偉大なるSTAX社のHP)

おわり

 

4/24更新

SRM-D10が正式発表されました!お値段税別9万円です。予想より8千円やすい!

Newフラッグシップ「SR-009S」、初のDAC搭載ポータブルドライバーユニット「SRM-D10」登場です。 | STAX

 SRM-D10 | 製品情報 | STAX

 

 

【中華イヤホン】KZ ZST レビュー

なんか、ここ最近(と言っても2年くらい前か)中華イヤホンなる物体が持て囃されてるらしい。二千円くらいで買える中華イヤホンの音質がその10倍の価格のメーカー品に匹敵するとかなんとか。

「それ本当かよ二千のイヤホンが数万の奴と音質同じとかマジ嘘くせぇんスけどマジなんスか嘘だったらぶちころがすぞオメー」という強い懐疑心を抱きつつも、「もしかするともしかするかもしれんね中華スマホとか結構良いらしいからイヤホンももしかすると」という淡い期待を抱き実際に試しにネタで買ってきたのがこれ

f:id:atama_0kac:20180322211600j:plain

Amazon | KZ ZST ハイブリッドドライバイヤホン 1BA+1DD 高性能インイヤーイヤホン (no microphone) | kz-brand | イヤホン・ヘッドホン

深センのKZというメーカーが出してるZSTである。

尼で二千円ちょいで売ってるが、カートにぶち込んだら謎の値引きが発動して1700円で買えた。マジ謎。

パッケージはこんな感じ。超ちっこいし超味気ない。

f:id:atama_0kac:20180322211745j:plain

裏にスペック。何気にハイレゾ()対応である。

f:id:atama_0kac:20180322211838j:plain

中身。イヤーピースとケーブルが個装されている。てゆーかイヤホン本体とケーブルが外れている状態で梱包されているので使用時に繋げる必要があるわけだが

f:id:atama_0kac:20180322211237j:plain

どっちがLRだかわからねぇときている。ケーブルにはちゃんと刻印されているのだが、本体側には無し。なのでパッケージ写真を頼りに接続。

f:id:atama_0kac:20180322210800j:plain

実物見ると思ったよりも小さく感じる。しかしIEMっぽくて超マジカッケーである。しかしケーブルがぶよぶよと以下にもゴムって感じであり衣服に引っかかるわタッチノイズ多いわで品質がよろしくないってかぶっちゃけ千円の国内メーカー品の方が良い。

f:id:atama_0kac:20180322212559j:plain

f:id:atama_0kac:20180322212128j:plain

細かいところを見るとかなり作りが雑である。本体のつなぎ目に隙間が開いており(多分音質的な効果を考えてわざとか)、ノズルの金属メッシュが盛大に斜めっているが、まぁ中華だししゃーねーって感じスね。

ちなみにノズルのところに透けて見える四角い金属はBAドライバである。上の写真だと見えてないんスけど青い丸いやつがダイナミックドライバなのでこのZSTはハイブリッド型のイヤホンであると言えよう。

ハイブリッド型イヤホンについては各自ググってといただくとして、簡単に言えば大手メーカーでこの型はまず二千円で買えない、価格の桁が1つ増えるブルジョワジィなクラスの製品になる。それが二千円以下で買えるとか中華恐るべしというか何というか。

とはいえ最終的には音がすべてでありココがウンコだと所詮中華wという扱いであるが故に早速音質をチェケラしてみた。

新品からの卸したての音はズバリ、ドンシャリといえる。と言うよりも中音域が引っ込んでるような?

低音がとにかく前にでしゃばり、高音域はシャリシャリと、とにかくクセの有る音で価格にしてはちょっと良いかなってくらいで数万円の機種とはとても比べるようなモノではない、といった印象であった 。

が、ネットの情報ではエージングする事により本来の音が出るとのこと。

なので2週間くらい使ってみたところドンシャリ具合が和らぎ、全体のバランスが幾分良くなった。ここに来てようやく音質レビューが出来るわけである。

f:id:atama_0kac:20180322213332j:plain

改めて音質レビューをしてみる。比較として、音漏れがうっせぇ白イヤホンで知られるEarPods(約3,000円)とZenfoneに付属のZenEar(約2,000円)を用意した。

音のバランスは低音強めの弱ドンシャリ。解像度・分解能は他の2機種よりもかなり高く、大きな音に埋もれて聴き取りづらい微小な音もしっかり聴き取れる。低音域の一部の音域に盛り上がりがあるのか、同じジャンル内の曲であっても低音ドカ盛りだったりそうでなかったりしてやや不安定な印象。

音の広がりはEarPods>ZST>ZenEarと言ったところで流石にインナーイヤー型には敵わないが同価格帯のカナル型よりも広く感じられる。定位感は良くも悪くもない。

ボーカルはZSTが一番自然に聞こえる。ZenEarは変な響きが付帯して聞こえる。EarPodsはやや乾いたような声で歌う。

音漏れが以外に多い。順番付けするならEarPods>ZST>ZenEarってところ。前述の通り、本体に隙間があるためそこから音が漏れていると思われる。遮音性も同じ順位である。なので満員電車で使用する場合は音量を絞ったほうが賢明である。

で、結論として音質の面だけを見れば少なくとも同価格帯よりも良いと思った。2、3万円のイヤホンと比較すると良いかどうかは分からん。その価格帯で持ってるイヤホンはXBA-300とATH-E50があるが、いかんせん音の傾向が違いすぎて比較ができない。

ただ、俺がZSTのことを一切知らずにこれが3万円のイヤホンですよ~って渡されたら「これが3万円の音か。ふーん」って感じで良くも悪くも無い価格相応であるという評価を下すと思う。だから販売価格の割には良い音なのは間違いないはず。

しかし他人に勧められるか?で言えば俺はNOと答える。何故かは品質面で不安が残るってゆーかバラついてて当たり前なのが中華品質である。音質も同じZSTでありなから過去に何度となく変更が加えられ今なら弱ドンシャリであったが初期型は低音だけ強いと評価されており、そこら辺含めてやっぱり中華品質だなと思った。

中華イヤホンが一般ウケを狙うなら多少値段上げてでも品質を安定させてパッケージにちゃんとした日本語付けて店頭販売にしたら良いんじゃねとか思ったがよくよく見れば見た目がいかにもオタ向け感丸出しでありやっぱ一般ウケは無理だろうなと思った。

もし中華イヤホンの音質の良さが広く認知されたら大手メーカーも対抗すべく低価格で飛躍的に音質を向上させたモデルが出るんじゃないかと妄想したりしたけどまぁ無いでしょうな。

 結言として、中華イヤホンZSTは俺みたいにモノ好きがネタで買うこと前提でドンシャリ好きな人にオススメであると言えよう。

東京ウォーカー(ガチ歩き)秋葉原~九段下

知人に「今月東京来っからちょっと付き合えやどうせ休日ずっと汚ねぇ部屋に引きこもってんだろちったぁ歩いて痩せろやクソデブが」的な事を言われたわけでは無いんですがはるばる東京来るのは事実で俺としては「じゃあ付き合うわー」的な二つ返事で引受け、その日一日中付き合うこととなったわけである。

ぶっちゃけ乗っけから集合場所を間違えるとかいう失態を犯したがまぁなんとか合流。出会い頭にドツカれはしたがまぁ無事に合流。

知人の提案により秋葉原周辺を散策。まぁぐるぐるぐるぐる同じところを周回。

f:id:atama_0kac:20180318002016j:plain

まぁ一人だったら写真とパシャパシャ取ってたんスけど、何かそうゆう写真が撮れるようなアレじゃなかったというか、「上京して半年もして未だお上りさん気分抜けてねぇのかオメー」とか言われそうで嫌だったんで写真とか全然撮れてなくてないんスけど

まぁこんな感じで今日とか快晴だったりしてでも寒かったりして散歩日和にはちょっと寒いかなあ的なことも思いつつ秋葉の街をウロウロしていたわけである。

f:id:atama_0kac:20180318002607j:plain

この絵描いてる人岡山在住らしいんですって。とか聞かされてヘーと思いました。物販の行列がぼっこぉ(岡山弁)並んでおりました。他にも散策途中で色々珍しいもの取り扱ってるお店とか見つけたりしたんですが10年前の俺だったら確実に喜び勇んで店内に入るであったろうに今の俺ときたら尽くへーで流してしまうあたり身の回りのものに興味が薄れつつあるのかなって内心危機感を抱かなかったりした。

f:id:atama_0kac:20180318002925j:plain

秋葉麺劇にて遅めの昼食。味の方は油でかなりこってり感はあるけれど出汁の味で攻めてるせいかあっさりしすぎてて何か物足りないかなって感想。

そんでもって全部で4時間位秋葉原を徘徊し、一通り終えたところで九段下へ移動。目指すは皇居である。

f:id:atama_0kac:20180318003957j:plain

日本武道館のある北の丸公園を散策。ぶっちゃけ坂がキツい。

f:id:atama_0kac:20180318004201j:plain

梅の花が咲き始めている。桜も開花し始めてるので今年は梅と桜同時に❀満開❀的な風景になるのだろうか。

f:id:atama_0kac:20180318004412j:plain

道すがらよくわからねぇ花が咲いてたので取り敢えず撮っておいた。他の観光客とかも写真バンバン撮ってたのできっと有難いお花だとお思うのですがぶっちゃけよくわからねぇです。なんなんでしょうこのお花。

その後皇居のお堀ぐるぐる回ってたんですがランナーな方々が沢山おりました。途中「お堀は反時計回りで回れやカス」的な看板がありました。ヘーとか言いながらも我々終始時計回りで攻めておりました。

ちなみにお堀は一周4.9キロらしいですね。一周何キロくらいあると思う?とか訊かれたので20キロくらいあるんじゃないかなぁと答えた俺まじテキトー過ぎだろ的なアレなんですけど。

で、何だかんだで歩き回ってすっかり夜になってから辺りが超絶寒くて死ぬほど寒くて死ぬみたいな気温になって疲れたので帰ろうって話になったので帰ることに。

f:id:atama_0kac:20180318010245j:plain

東京駅。ぶっちゃけ改装後に来たのは初めてで以前来たのは改装中であり、つまり東京駅の姿をみる俺の生涯で初めてであると言えよう。へーみたいな。

f:id:atama_0kac:20180318011258j:plain

東京駅内部の天井。・・・天井ですねぇ。駅構内はレトロな外観に電子掲示板のギャップが面白い。

という感じで全部で10時間に及ぶ東京ウォーカーは幕を閉じた。オフ会のときも思ったけどこうして見て回ると東京ってやっぱ都会だなーって。ってか全然上京してから見て回れてないなーって思った。

都内に限らず横浜とかも「良い街だよ~見て回りなよってか上京してから一度も横浜行ってねぇのかよホントお前今まで何してきたんだよお前」みたいなニュアンスの事を知人に言われました。ホントそう思います。

とゆーわけで今後もっと都内周辺お出かけして色々見て回りたいと思った一日であった。

f:id:atama_0kac:20180318012504p:plain

ちなみに歩いた歩数と距離である。こんなに歩いたのはかなり久々。

【A2DCリケーブル】KINDENイヤホンケーブル レビュー

俺が現在絶賛愛用中のオーディオテクニカ渾身の1本その名もATH-E50であるが、毎日の様に酷使していたためケーブルが針金の如く硬化しついには折れてしまい(?)中の銅線が丸出しになりマヂで断線5秒前的な有様になったと云うのは前回の更新でも書き綴ったとおりである。

【A2DCリケーブル】Bluetoothアダプター audio-technica AT-WLA1 レビュー【ワイヤレス】 - 頭おかしぃ上京事情

f:id:atama_0kac:20180206231902j:plain

そんでもってしばらくワイヤレスアダプターに挿して使っていたわけであるが、実質スマホ専用となっておりそれはそれで便利ではあったけれども、しかしE50の最強に最強なサウンドをPCにも使いたいし、なにより有線接続の方がE50の最強に最強な性能が100㌫パーフェクトリィに発揮出来ると思ったので3月になり節約生活にひと区切りを付けたところで交換用のケーブルを速攻ポチったのであった。

こちらが今回買ったブツである。

f:id:atama_0kac:20180305212250j:plain

Amazon | KINDENイヤホンケーブル ls50, ls70, ls200, ls300, ls400, e40, e50, e70に対応 着脱式 交換用ケーブル 1.2m 銀 | KINDEN | リケーブル

メーカー名にKINDENと書いてあるがぶっちゃけ中華イヤホンのメーカーである。実は一緒に中華イヤホンを購入したのだがこちらは別記事にてレビューする予定である。

f:id:atama_0kac:20180305212348j:plain

f:id:atama_0kac:20180305212413j:plain

箱の中はケースがありその中にケーブルと・・・

f:id:atama_0kac:20180305212440j:plain

おまけと思わしきイヤーピースが入っていた。

f:id:atama_0kac:20180305212500j:plain

見た目。クリアーな被膜に中の銀線が編み編みになってるところが最強にKOOLである。

f:id:atama_0kac:20180305212618j:plain

ネクター。ミニジャック側は先が細くなってるのでスマホケースに入れた状態でも干渉なく接続出来る。

f:id:atama_0kac:20180305212547j:plain

イヤホン側はメタリックなスリーブでこちらもKOOLな見た目でありE50本体にすんなり接続出来た。純正に比べてちょっとはまりが緩いかなって感想だ。

ケーブルの材質が全体的に硬いせいか、純正に比べて取り回しが悪くなったのとタッチノイズが増えた。

音質は、純正と比べると・・・

  • 音域が高音低音どちらも伸びるようになった
  • 高音域が若干キツさが出るようになり曲によっては気になるやも
  • 音場が狭くなったものの定位が明確になった

総じて高音寄りの変化を見せるケーブルであると言えよう。高音のキツさは銀メッキによる影響が考えられるが、如何せん俺の脳内で

銀色の線=Ag線=高音寄りのイメージ=脳内イコライザー発動により高音寄りに聴こえる

といった具合で一言で言えば先入観でそう聴こえるのかもしれない。

と、ここ迄つらつらと書いてきたもののぶっちゃけ変化あるのかよく分からず。実際何度も純正ケーブルと繋ぎ変えて聴き比べまくるも気のせいレベルから抜け出せず。

まぁ三千円くらいのモンだし、オーテク純正のアプグレケーブルとか1万二千とかしやがるけれどもあれ位になれば変化が分かるようになるかもしれないし分からないかもしれない。

価格.com - オーディオテクニカ HDC313A/1.2 ミニプラグ(L型)⇔専用端子 [1.2m] 価格比較

いずれにせよまた有線で聴けるようになって良かった。やはりATH-E50は有線接続でその性能を発揮出来る機種だと思うしやはり最強に最強なサウンドだと改めて感じた。あとは耐久性がどれくらいなのかって感じっスね。

【オフ会】2018.2.10 新宿どん底オフ

なんかここに来てようやく上京日記っぽい記事が書けるかなと思った次第。今回はオフ会ということで新宿駅よりスタートです。

f:id:atama_0kac:20180211110057j:plain

とりあえず集合予定時刻より40分くらい前に着いたんスけど、前に新宿に来たのが11月という久々感がありぶっちゃけ今回も駅の中で迷って出口に出られないとかで無駄に時間食うことが予想されたので時間に余裕持たせたんですが実際はすんなり出られてかなり時間が余っちまいました。

f:id:atama_0kac:20180211110120j:plain

一先ず集合場所のお店「どん底」に向かいました。

f:id:atama_0kac:20180211110221j:plain

着きました。新宿駅東南口より歩いて7分でした。

f:id:atama_0kac:20180211110241j:plain

かなり個性的なお店の外観。道行く人も皆このお店に注目しておりました。

f:id:atama_0kac:20180211110255j:plain

1951年創業とのこと。かなり歴史のあるお店のようです。

と、ここで気づいたのですが時間を間違えて開始予定より一時間早く到着するという失態をしでかしてしまったわけでどうしたものかと狼狽する俺。

とりあえず折角だからとそこら辺をぶらぶら徘徊することにしました。

f:id:atama_0kac:20180211110310j:plain

f:id:atama_0kac:20180211110324j:plain

f:id:atama_0kac:20180211110331j:plain

・・・そういえばここは都会なんですよねぇ。しばらくずっと自宅と会社と近所のスーパーくらいしか移動してないから上京したことすら忘れかけてたんですがここに来て此処が都会であるという事を思い出しました。元は思いつきで上京したとはいえ折角だからもっと色んな所を見て回りたいなぁと思いつつ集合時間が近くなったので再度どん底へ。

というわけで店の前にて総勢7名、無事全員集結しました。乾杯です。

f:id:atama_0kac:20180211110358j:plain

うん、美味しい!33日ぶりのお酒でした。

で、色々食べ物とか。

f:id:atama_0kac:20180211110417j:plain

f:id:atama_0kac:20180211110423j:plain

f:id:atama_0kac:20180211110427j:plain

お話とか。

f:id:atama_0kac:20180211110445j:plain

何だかんだであっという間に時間が過ぎて解散。

やっぱり人が集まって飲みながら話すると楽しいっスね!皆さん面白い人ばっかりだったので尚更でした。

こういったオフ会が出来るってだけで上京してよかったですし自分でも何かこういう場を企画出来たら良いなぁ的なのを思いました。

今回オフ会企画して下さった方、それと誘ってくださった方ありがとうございました!